鼠径ヘルニア豆知識

鼠径ヘルニアの治療法は手術のみ!手術の特徴を解説!

鼠径ヘルニアの診察

大阪・梅田の鼠径ヘルニア専門クリニック「大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック」です。

当クリニックでは日々、鼠径ヘルニアに特化した診療、ならびに内視鏡(腹腔鏡)による日帰り手術を行っています。

この記事では、「鼠径ヘルニアの治療法」についてご紹介します。

鼠径ヘルニアとは

Inguinal-hernia-illustration

まず初めに、「鼠径ヘルニアの病気の概要」についてご紹介します。

鼠径ヘルニアは、太ももの付け根(鼠径部)の筋肉に穴が開き、鼠径部の膨らみを認めるとともに、腸をはじめとした臓器が外に飛び出す病態を指します。一般的に、脱腸とも呼ばれる病気です。

鼠径ヘルニアは小児によく見られる病気ですが、成人、特に40代以上の男性にも頻繁に発症します。研究報告によれば、男性の3人に1人が鼠径ヘルニアを生涯に一度発症するともされています。

典型的な症状は、鼠径部にピンポン球のような膨らみが現れることです。この膨らみは、立っている時や力を入れるときに大きくなり、横になるか力を抜くと膨らみが凹んだり消えたりします。

鼠径ヘルニアは、初期には膨らみだけで痛みを伴わないこともあるため、患者さまの中には症状を感じながらも放置される方が少なくありません。しかし、鼠径ヘルニアを放置すると、腸壊死、腹膜炎といった危険な状態に繋がる「嵌頓(かんとん)」を引き起こす可能性があり、注意が必要です。

鼠径ヘルニアの治療法

laparoscopic-surgery

鼠径ヘルニアは自然治癒することはなく、治療には手術が必要です。

内科疾患のように生活習慣の改善や薬剤では、治療ができません。またヘルニアバンドで穴を防ぐなどの対策がありますが、日常生活を送る中で適切に穴を防ぎ続けることは実質的に困難です。

鼠径ヘルニアの治療法となる手術には、主に「鼠径部切開法」と「内視鏡(腹腔鏡)手術」の2種類があります。

鼠径部切開法と腹腔鏡手術

鼠径ヘルニアの主な手術となる鼠径部切開法と腹腔鏡手術ですが、 その違いは「どうやって鼠径部のヘルニア部位に到達するか」にあります。

鼠径部切開法は、鼠径部を4cm程度を切開し、ヘルニア部位に「前方から」到達します。一方で、腹腔鏡手術はお腹に5〜10mm程度の切開を3ヶ所置き、細長いカメラと鉗子を使い、お腹を経由してヘルニア部位に「裏側から」到達する方法です。

鼠径部切開法のメリット・デメリット

鼠径部切開法は、鼠径部を4cm程度切開してヘルニア部位に「前方から」到達し、治療を行う方法です。

鼠径部切開法は、ヘルニア部位を修復する方法に応じて、以下の方法に分かれています


■組織縫合法

組織を縫い合わせてヘルニア部位の穴を縫い閉じる方法

■リヒテンシュタイン法

ヘルニア部位を含む鼠径部全体を、前側からシート状メッシュで覆う方法

■プラグ法

プラグと呼ばれるメッシュ由来の人工補強材を使って、ヘルニア部位に上から栓をする方法

■腹膜前修復法

ヘルニア部位の裏側(筋膜の穴の裏)に広くシート状メッシュを挿入する方法


メッシュを使用する手術は、いずれも治療成績に優劣なく安全に行われます。一方で、組織縫合法はメッシュを用いない代わりに疼痛や再発が多いと報告されています。

また、鼠径部切開法には腹腔鏡手術に比べて以下のようなメリット・デメリットがあります。


■メリット

・古くから採用されている手術方法

・局所麻酔、脊髄麻酔での手術が可能

・手術時間が短い(片方40分程度)

・治療費が安価(日帰り、高額療養費制度適応で約60,000円)

■デメリット

・傷が大きい(片方4cm程度)

・術後合併症の慢性疼痛の頻度が高い

・稀に隠れた別の鼠径ヘルニアが見逃されることがある

・両側鼠径ヘルニアの日帰り同時手術が困難(両側に傷ができるため)


腹腔鏡手術のメリット・デメリット

腹腔鏡手術はお腹に5〜10mm程度の切開を3ヶ所置き、細長いカメラと鉗子を使ってヘルニア部位に「裏側から」到達し、治療を行う方法です。

腹腔鏡手術は鼠径部切開法に比べて、以下のようなメリット・デメリットがあります。


■メリット

・傷が小さく、痛みが少ない

・術後合併症の慢性疼痛が少ない

・両側の鼠径ヘルニアを同じ傷、日帰りで同時に治療が可能

・稀にある隠れた別の鼠径ヘルニアを見逃さない

・ガイドライン上、女性の鼠径ヘルニアに推奨

■デメリット

・手術時間が長い(60分程度)

・習熟した外科医の技術が必要

・全身麻酔が必要

・治療費が高価(高額療養費制度適応で約80,000円)


まとめ

eyecatching7_1200_630

鼠径ヘルニアは自然治癒することはなく、治療には手術が必要です。

内科疾患のように生活習慣の改善や薬剤では、治療ができません。またヘルニアバンドで穴を防ぐなどの対策がありますが、日常生活を送る中で適切に穴を防ぎ続けることは実質的に困難です。

鼠径ヘルニアの治療法となる手術には、主に「鼠径部切開法」と「腹腔鏡手術」の2種類があります。

鼠径部切開法は、鼠径部を4cm程度切開して治療する方法で、「手術時間が短い」、「治療費が安価」などのメリットがあります。一方、腹腔鏡手術はお腹に5〜10mm程度の切開を3ヶ所置き、カメラと鉗子を使って治療する方法で、「傷が小さく、痛みが少ない」、「術後合併症の慢性疼痛が少ない」といったメリットがあります。

鼠径ヘルニアの治療を検討される患者さまにおいては、各治療法の特徴を踏まえ、ご自身に最適な治療法を選択いただければと思います。

鼠径ヘルニアの治療は当クリニックを受診ください

surgery-eyecatch

JR大阪駅から徒歩3分の大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニックでは、成人鼠径ヘルニアを治療しています。

当クリニックは外科専門医・消化器外科専門医である院長、ならびに麻酔科専門医により、
鼠径ヘルニアの内視鏡(腹腔鏡)による日帰り手術を行っております。
また、平日のご来院が難しい患者さまに向けて、土曜日・日曜日にも診療、手術を行っております。

鼠径部の膨らみ、痛みなどの症状でお悩みの方は、鼠径ヘルニアの可能性があります。

ぜひ一度、当クリニックを受診ください。

web-reservation

この記事を書いた人

著者画像

この記事を書いた人

大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニック
2022年8月に大阪梅田で開院した鼠径ヘルニア専門クリニック。鼠径ヘルニアを早期の社会復帰が可能な内視鏡日帰り手術で治療しています。「大阪駅」、「梅田駅」からすぐの好アクセスや土日も診療など、患者様の利便性も考慮したクリニックです。
2022年8月に大阪梅田で開院した鼠径ヘルニア専門クリニック。鼠径ヘルニアを早期の社会復帰が可能な内視鏡日帰り手術で治療しています。「大阪駅」、「梅田駅」からすぐの好アクセスや土日も診療など、患者様の利便性も考慮したクリニックです。
informationクリニック案内

大阪日帰り外科
そけいヘルニアクリニック

〒530-0001大阪市北区梅田1丁目13番1号

大阪梅田ツインタワーズ・サウス13階

アクセス詳細ページへ
06-4797-7018

診療時間

大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニックの診療時間
大阪日帰り外科そけいヘルニアクリニックの診療時間
reservation・contactご予約・お問い合わせ

当院のご予約は、電話、Web予約から可能です。またLINEによる無料相談も受け付けております。
鼠径ヘルニアや鼠径部の症状でお悩みの方は、当院までご相談ください。

06-4797-7018

診療時間 08:30~12:00/12:00~17:00
休診日:水曜

お電話でのご予約は、診療時間内にお願いいたします。

ボタンを押すと「そけいヘルニア(脱腸)日帰り手術をお考えの方へ」と言う画面が出てきますので、案内に従ってご予約ください。

ボタンを押すと、QRコードが出てきますのでLINEのバーコードリーダーにて読み取り「友だち追加」をしてください。
LINE無料相談 WEB予約
電話アイコン 電話予約
カレンダーアイコン WEB予約
LINEアイコン LINEで無料相談